Viralarm

スマホアプリでブランド品買いますか 偽物に騙されない方法と最新の対策はこちら

ユーザー間で商品を売買するフリマアプリ。便利で大人気だが、有名ブランドのコピー品の流通が度々話題になる。対策はありうるのか。 ブランド品のリユースを手がけるRECLOは8月、ある調査結果を公表した。 フリマアプリ、ネットオークション大手「メルカリ」「ラクマ」「フリル」「ヤフオク!」で出品されていたハイブランド12点を購入して鑑定したところ、全て偽物だったという内容だ。 12点中12点というのは、驚きの確率だ。BuzzFeedは、RECLOに調査方法などを聞いた。以下のルールで商品を購入し、プロの鑑定士が真贋を確認したという。 「コピー品」などと紹介されている明らかな偽物は除く 楽天市場の正規品価格より40%以上割安のもの サムネイル画像や商品説明では真贋がはっきりしないもの そうやって購入した、LOUIS VUITTONのボストンバッグ(25000円)、GOYARDのパスケース(19200円)、CHANELのボトルネックレス(10000円)、Christian Louboutinのパンプス(9900円)PRADAのTシャツ(5800円)など、いずれも偽物だったという。 Daisuke Furuta / BuzzFeed 「真贋の見極めはプロでも難しい」 RECLOがこの調査を実施したのは、ユーザー間のいわゆる「C to Cサービス」利用者に警鐘を慣らすためだ。ユーザー同士のやりとりでは、商品が本物かどうかを第三者が確認することは難しい。 調査を担当した鑑定士は「手にとって見ても、詳しい人でないとわからないものもある。アプリのサムネイル画像と説明書きだけで真贋を見極めるのは、プロでも難しい」と話す。 RECLOはブランド品の売買を仲介する「C to B to C」サービスだ。ブランド品を買取、鑑定士が真贋をチェックした上で、販売する。 「コピー品が出やすいブランド品の売買には、利用者(コンシューマー)と利用者の間を企業(ビジネス)が仲介する『C...

log in

Become a part of our community!

reset password

Back to
log in

Hey there!

or

Forgot password?

Forgot your password?

Enter your account data and we will send you a link to reset your password.

Your password reset link appears to be invalid or expired.

Close
of

Processing files…

Choose A Format
Gif
GIF format