,

「スクープ泥棒」と報じられた週刊文春が反論 編集長「そうした事実は断じてない」

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.


「中吊り広告をコピーしている」と報じられていたが…

週刊新潮の中吊り広告が週刊文春にコピーされ、「スクープを盗んでいた」と報じられた問題。週刊文春の新谷学編集長が同日午後、初めて自らの見解を発表した。

週刊新潮の中吊り広告が週刊文春にコピーされ、「スクープを盗んでいた」と報じられた問題。週刊文春の新谷学編集長が同日午後、初めて自らの見解を発表した。

そもそも問題の発端となったのは、週刊新潮(5月18日発売)の「『文春砲』汚れた銃弾」との記事だ。

文春社員が、印刷会社から入手した流通前の「中吊り広告」をコピーしているという様子を撮影。複数の記事について、「文春が広告を元に、新潮のスクープを盗んでいたり、潰したりした」とした。

週刊文春・新谷学編集長による「答えられない」などとのコメントも掲載。計13ページにわたって詳報している。

他社の報道から、中吊り広告を文春に渡していたのは、出版取次会社「トーハン」であることが明らかになっている。

BuzzFeed

この記事を受け、週刊文春は5月18日午後、「文春オンライン」上に新谷編集長の名前で、「読者の皆様へ」という記事をアップした。

この記事を受け、週刊文春は5月18日午後、「文春オンライン」上に新谷編集長の名前で、「読者の皆様へ」という記事をアップした。

新谷編集長は記事中で、新潮の報道をこう否定した。

bunshun.jp

「情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません」

また、「スクープ泥棒」「スクープ潰し」と新潮が指摘した複数の記事についても、「そうした事実は断じてありません」とした。

社会を騒がせている事件、人物等については、多くのメディアが当事者やその周辺を継続的に取材しており、その過程で他メディアの動向を把握するのは日常的なことです。

私たちは毎週、締め切りギリギリまで全力で取材にあたっています。その情報収集の過程で、他メディアの動向をつかむことはしばしばあります。そうした「情報戦」は、さまざまな形で新聞やテレビなどのメディアも行っています。

そのうえで、「当然ながら、すべての記事は自らの手で十分に取材を行い、必要な裏付けが得られた段階で掲載」しているといい、「私たちにとって、スクープとは、極めて重い言葉です」などとしている。


View Entire List ›



Source link

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.

What do you think?

0 points
Upvote Downvote

Total votes: 0

Upvotes: 0

Upvotes percentage: 0.000000%

Downvotes: 0

Downvotes percentage: 0.000000%

Comments

Leave a Reply

Loading…