More stories

  • ,

    Intimate Things I Love About Female Friendships

    Dawid Zawiła The unspoken agreement that if you’re all going to walk through a crowd, you’re all going to hold hands so nobody gets lost. I love when the girl leading the group just silently puts her hand back to the next girl in line and starts pushing through the crowd, creating that chain. Feeling […]

  • ,

    This Is How You Lose The Girl That Loves You More Than Anyone Else

    Pexels / Freestocks You lose her when you stop paying attention to her. To her feelings. To the changes in her behavior. To the sadness in her eyes. To the things she’s been subtly asking you to do but you’ve been oblivious to them all. You lose her when you give her the feeling that […]

  • ,

    片腕がない同性愛者。そんな私がありのままの自分でいられるようになるまで

    Leah Goren for BuzzFeed News レベッカとの初めてのデートに向かう車の中で、私は急いでリップを塗り直した。グラノーラバーをあわてて食べながら、話すかもしれないテーマを頭の中で何度も繰り返した。私はひどくナーバスになっていた。ネットの情報からすると、レベッカは賢くて、クールな人みたいだった。 出会い系アプリTinderにあったレベッカのプロフィールは、こんな感じだった。「クロップトップ、猫、ジョアン・ザ・スクリーマーが人生のカギ。いまは青い髪」。そのうえ、彼女はゴージャスだった。 一方、私のプロフィールはこうだ。「ワインと本、フェミニズムが好き。あなたと、ケツが汚いあなたのボーイフレンドとの3Pはお断り」。私の障害のことは、プロフィールでは触れていなかったけれど、写真を見ればわかるはずだった。 待ち合わせたバーに着くと、私は深呼吸してから、意を決して車を降り、中に入って、ブルックリンっ子たちの海のなかでレベッカを探した。彼女は、ビールの入った背の高いグラスを前にして座っていた。黒のトップスにショートパンツといういでたちだ。私たちはすぐに意気投合し、何杯も注文するにつれてますます盛り上がった。2人とも見ていたくだらないテレビ番組のことや、カミングアウトの体験談、まだ残っている数少ないニューヨークのレズビアンバー「ヘンリエッタ・ハドソン」や「キュビーホール」へ行った話を語り合った。 私の腕のことは話題にのぼらなかった。レベッカに「何をしているのか」と訊かれ、ボランティアで発展途上国の腕や足を切断した人たちのため、支援金を集めていると答えた。その時、ようやく私は話を止め、今回のデートでまだ自分の腕のことに触れていなかったことに思い至った。 レベッカが気づいていないかもしれないので、私は念のため、そのボランティアの仕事を熱心にしているのは、自分も腕を切断しているからだと説明した。「ほんとに!?」とレベッカはジョークで答えた。私はそのとき義手をつけていなかったから、左腕の肘から下がないことは一目瞭然だった。レベッカは気にしていないようだったし、私も彼女が気にするとは思っていなかった。 とはいえ、以前からこれほど簡単だったわけではない。もっと若いころは自分の腕のことをひどく気にしていた。ニューヨーク州の保守的な郊外で、同性愛者として10代を闘う。それだけでは生ぬるいかのように、私には左腕もなかった。クラスメートたちから直接、腕について言われたことはなかったけれど、ときどき何か言われるのではないかと不安になった。自分が女性と付き合いたいことは早くから自覚していたが、この腕のせいで魅力的でないと思われるのではないかと、心配するようになった。 けれど、ありがたいことに、同性愛者の女性たちは、障害を受け入れる傾向がより強かった。そして、年を重ねるにつれて、この腕が自分の魅力を損なうかもしれない、という不安は小さくなっていった。 自分の障害を悪いものだとは思わない。ときには、良いものだと思うことさえある。20代になったいまは、年齢と人生経験、そして最高の義手のおかげで、これまでになかったほど自信を持っている。それでも、その境地に至るまでは長い道のりがあった。障害と恋愛をめぐり、あまり楽しくない瞬間もあったのだ。 初めてのガールフレンド、チャーリーとデートしたのは15歳のときだった。私たちはチャーリーの家の地下室でこっそり、レズビアンたちを描いたドラマ『Lの世界』を観ていた(両親は、私がダンス教室に出ていると思っていた)。つきあっていた2年のあいだに、腕についてチャーリーと話した記憶はまったくない。そのころの心配は、チャーリーの前の彼女ほど、自分が痩せていないことだった。肘の毛深さは気にしていたけれど、腕のことは気にしていなかった。 一度だけ、いつもと同じように『Lの世界』を見ているときに、登場人物のジェニーとニキの身体つきを見て、突然泣き出してしまったことがある。身体に油を塗ってオイル・レスリングをしている2人が、あまりにもスリムで、あまりにも美しかったからだ。 私とガールフレンドがオイル・レスリングをするところを想像してみても、(男性同士の関係を描く)ブロマンス・コメディでジョークのネタになるような場面にしか思えなかった。ジェニーとニキみたいにはとうてい見えなかった。チャーリーはすごくがっしりしていたし、私は演劇好きの変人のような見た目だった。 私はきれいになりたかった。私が求めていたのは、どんな女の子でもあたりまえに望む美しさだ――すらりとした長身に、流れるような長い髪。当時、私の欠けた腕は、まだそれとは無関係だった。当時、私の腕は、自分が気にしていた美しさとは関係なかったのだ。同性愛者の場合、ジェンダー表現はさまざまで、一般的な基準とは違う見た目を受け入れる傾向がある。だからといって、どんな女性にも向けられる「型にはまった美しさ」のプレッシャーを受けないわけではない。 きまりの悪い話だけれど、『Lの世界』は、私の自意識とセクシュアリティとの折り合いの付け方に大きな影響を与えた。その点は、ほかの多くの同性愛の若い女性たちも同じだったはずだ。『Lの世界』は、いくつも問題があるとはいえ、私たちにとっては神聖なものだった。この番組に出てきた「レズビアンらしい」スタイルを、私は残らず試してみた。シェーン(ダークな時代)のように髪をばっさり切って、Tシャツとブレザーを着るようになったが、最終的には、長い黒髪と赤のリップのジェニーに乗り換えた(そう、私はジェニーのファンだ。それについて謝る気はない)。大人たちからは、よく「そんな格好をするなんて、勇気があるね!」と言われた。障害をものともせず堂々としていることを、褒めなければいけないと思われていたのだと、今ならわかる。 Source link

  • ,

    A Brief History Of Falling In Love With Strangers

    Yoann Boyer 1. His name is Grayson and he works at the coffee shop down the street. He looks a bit like Bo Burnham, tall and slender. Dimples when he smiles. I notice him immediately. I spend the rest of my time “writing” sneaking glances his way. I am smitten. I don’t even know his […]

  • ,

    あの人も「政界渡り鳥」? 党を渡り歩いてきたのは小池百合子都知事だけではない

    「我々は出世魚。今からびゅんびゅん跳びはね、日本の危機、世界の危機を救っていく」 東京都議選に合わせ、地域政党「都民ファーストの会」に鞍替えする候補者たちが相次いだ。 現在、定数127の都議会で現有6議席の都民ファーストは、全42選挙区に公認候補50人を立てた。政治塾「希望の塾」の塾生や無所属の現職都議などがいる。 その中で、注目されたのが、自民、民進から移籍した現職と元職の都議や市区町議の18人の存在だ。自民から移ったのは11人、民進からは7人いる。 都議選を前にした「離党ドミノ」は、自民、民進にとって大きな痛手となった。自民党の下村博文都連会長は、BuzzFeed Newsの取材にこう指摘する。 「都民ファーストは、自分が選挙に当選したいがために移ってきた人が多く、半分以上が政治について素人の『烏合の衆』です」 「政治の素人たちだから、小池知事のやることにすべて賛成して、言いなりになる『イエスマン』たちだ」 時事通信 そんな都民ファーストを率いるのが「政界渡り鳥」の異名を持つ小池百合子都知事だ。 Kota Hatachi / BuzzFeed 小池知事は、日本新党で初当選すると、自民党まで5つの政党に在籍。6月1日、自民党に離党届を提出し、都民ファーストの代表に就任した。自民党はまだ離党届を受理していない。 政治家が、離党や解党、結党、復党などをするのは珍しいことではない。選挙前に移籍したならば、「当選目当て」と疑問視されることも多いが、政策実現や人間関係のもつれなどさまざまな理由がある。 多くの政党に在籍してきた政治家は、小池知事以外にどんな人がいるのか。一部をまとめた。 小沢一郎氏(自由党代表) 「壊し屋」とも呼ばれる小沢氏は、自民党の公認で初当選。新生党、新進党、自由党、民主党などを経て、現在は自由党の代表を務める。 民主党政権時代の2012年、消費増税法案に反対した議員らを率いて集団離党し、「国民の生活が第一」を結党した。 滋賀県の嘉田由紀子前知事の「日本未来の党」に合流すると、同年の衆院選で同党は惨敗を喫した。その直後に嘉田前知事と対立し、翌年に「生活の党」に改称した。 2014年の衆院選では、同党の所属議員に「それぞれの政治生命をながらえることを考えてもらう。好きにしていい」と語り、離党を容認する姿勢も見せた。 時事通信 View Entire List › Source link

  • ,

    I Gave Up The Career Of My Dreams, And I’d Do It Again

    Smash Since the tender age of four years old, I’ve always had a clear vision of what I wanted to be when I grew up. I always, without a shred of doubt, wanted to be an actress. Many of my earliest memories involve performing staggering renditions of “Twinkle, Twinkle” and Natalie Cole songs to strangers […]

Back to Top

Hey there!

Sign in

Forgot password?
Close
of

Processing files…