Search Results for:

  • ,

    27 photos délicieusement rétro du Festival de Cannes

    L'actrice Brigitte Bardot bronze sur la plage lors du Festival de Cannes en 1953. Rda / Getty Images Arnold Schwarzenegger montre ses muscles lors du 38e Festival de Cannes en 1977, où il a présenté le documentaire Arnold le magnifique. AFP / Getty Images Des femmes bronzent sur la plage pendant le Festival de Cannes […]

  • ,

    17 Ridiculous Labeling Fails Only Restaurant Workers Will Find Funny

    Bae leaves and synonym are my favorite spices. This label made by someone who really loves bay leaves. Bay is bae. Instagram: @jacobayoung23 This fruity felony. Hands up! This is a strobbery! Instagram: @redrabbittt This fry mix coming in at number one on the charts. Get rich, or die frying. Instagram: @jack_of_the_arts View Entire List […]

  • ,

    25 Things All Broke Filipino Millennials Know To Be True

    Selling: My kidney. When you know you’re broke as fuck but still in denial: Twitter: @superjanella / BuzzFeed And you hold on to every last bit of hope just for that extra cash: Twitter: @SHINOTAKU7 When your favorite singer/band announces a concert in the Philippines: Isabelle Laureta / BuzzFeed Or when Apple releases a brand […]

  • ,

    末続慎吾ついに「復活」へ 写真で振り返る約20年の競技生活

    36歳の末続選手が9年ぶりに日本選手権の参加標準記録を突破した。 末続慎吾(すえつぐ しんご)選手を覚えていますか? 北京五輪男子400メートルリレーの銅メダリストで、男子200メートルの日本記録保持者です。 北京五輪男子200メートル予選での力走。 AFP=時事 2008年の北京五輪後、長期休養を発表。2011年に復帰しましたが、目標としたロンドン五輪には出場できず、2015年に所属していたミズノを退社。以降はプロ選手として活動していました。 長期休養中の記者会見の様子。 時事通信 末続選手は今年36歳。ここ数年、切れていなかった21秒を切り、調子が上向きなのは間違いありません。そんな末続選手が初めて21秒を切ったのは、今から17年前の2000年。 東海大学在籍時に、20秒26で当時の学生記録を更新。 時事通信 View Entire List › Source link

  • ,

    On a trouvé les plus belles scènes de sexe de l’année

    120 Battements par minute, de Robin Campillo, est peut-être le film qui a le plus ému la Croisette lors de sa présentation en compétition au festival de Cannes 2017. Il raconte les débuts d’Act Up-Paris, association militante de lutte contre le sida, au début des années 1990. On y suit les actions et les assemblées […]

  • ,

    注目されない築地の有害物質 マスコミの報道を比べてわかった豊洲との差

    築地市場からも有害物質が検出された。豊洲の汚染に関するニュースは各紙が1面で取り上げて大きな話題となったが、築地市場の汚染に関するニュースは注目を集めていないことが、BuzzFeed Newsの調査でわかった。 Koichi Kamoshida / Getty Images 東京都は5月25日、築地で土壌調査した111地点のうち30地点で、土壌汚染対策法が定める基準を超えるヒ素や水銀などの有害物質が検出されたと発表した。 豊洲の汚染はこれまでの調査や報道で注目を集めていたが、築地に関してはこれまで広範囲にわたる本格的な調査が実施されていなかった。 ただ、豊洲の汚染が連日、新聞やテレビで報じられたのと比べると、築地の汚染はそれほど注目を集めていないように思われる。 敷地内の30ヶ所で見つかった基準値を上回る有害物質は、鉛(最大4・3倍)、ヒ素(同2・8倍)、水銀(同1・8倍)、フッ素(同1・5倍)、六価クロム(同1・4倍)の5種類。 新聞各紙はどう報じたか BuzzFeed 主要5紙は、5月26日朝刊でいずれも今回の問題を一面に掲載しなかった。社会面などでの各紙の見出しは以下の通りだ。 読売新聞「築地土壌 基準超の水銀 都調査 水産・青果通路の地下」 朝日新聞「築地 基準超す汚染30地点 移転可否判断に影響も」 毎日新聞「都知事判断に影響 築地土壌調査 30地点基準値超す」 産経新聞「築地土壌から有害物質 都調査 30カ所で基準超え」 日経新聞「築地の土壌からヒ素検出 豊洲との比較焦点」 一方で、3月に豊洲で基準を超える有害物質が検出された際は、1面トップで扱われた。 BuzzFeed 見出しは以下の通り。 読売新聞「専門家会議 豊洲『科学的には安全』地下水対策も提案」 朝日新聞「豊洲 再び基準超の汚染 ベンゼン100倍シアン・ヒ素も検出」 毎日新聞「豊洲『ベンゼン100倍』報告 小池氏判断焦点に」 産経新聞「小池知事『重く受け止め』 豊洲ベンゼン100倍 管理システム影響」 築地の汚染の方が、明らかに扱いが小さい。 では、ネットでの話題の広がりはどうだろう。BuzzFeed NewsはFacebookやTwitterでのシェア数などを測るツール「Buzzsumo」を使って調べた。 26日午後7時現在、日経新聞が速報として配信した「築地市場、土壌からヒ素や六価クロム検出」が計4735だった。他紙の記事は100前後がほとんどだった。 一方、豊洲市場に関して過去1年間で最も拡散されたのは毎日新聞の「全面協力のはずの石原氏 一転、ヒアリング拒否」で計約8700。盛り土問題で騒がれるなかで、石原慎太郎元知事の対応を報じたものだった。 ネット上の拡散を見ても、築地の汚染の方が注目度が低い。メディアの扱いが小さいことや、それによって世間の関心が薄れていることがわかる。 豊洲は「科学的に安全」 時事通信 豊洲市場でも地下水から国の環境基準の100倍のベンゼンが検出されるなどした。しかし、外部有識者からなる「専門家会議」が、地上は科学的に安全だと報告した。そもそも、地下水は豊洲では使わない。 建物が完全にコンクリートで覆われる密閉型の豊洲市場は、開放型の築地市場よりは衛生面で優れている。 では、今回初めて汚染が広範囲で見つかった築地市場はどうか。 都は「敷地はコンクリートなどで覆われており、安全性に問題ない」としている。 ※築地市場の土壌から、検査用の試料を採取する作業員ら 時事通信 ただし、都は今夏にも深さ10メートルまで採掘し、土壌と地下水を詳細調査するという。 日々、賑わっている築地市場では、老朽化による耐震性の問題や場内の狭さ、衛生面を問題視する指摘がある。 昨年8月半ばに都が調べた空気中のベンゼン濃度は、築地市場の方が豊洲市場よりも高い。今回見つかった水銀も常温でも揮発する物質だ。 生鮮食品を扱うため、小池百合子知事は「安全と安心は違う」と説明し、科学的に安全だと証明されている豊洲への移転の可否を決断できないできた。 小池知事は「現時点で第三の道はない」とし、築地と豊洲以外の選択肢はないとしている。 豊洲に移転するのか、築地に残るのか。築地からも汚染が見つかったことで、どちらにしても、丁寧な説明が求められる。 Source link

  • ,

    「月曜から夜ふかし」で時報がパンク! 今も使ってる人ってどれくらい?

    「117」に電話をかけると、正確な現在時刻を秒単位で教えてくれるNTTの「時報」。 5月22日に放送された「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で、この時報が“ひと昔前の常識”として紹介されると、番組で初めてその存在を知ったとみられる若者世代を中心に実際に電話をかけてみる人が殺到。 Twitterでは「夜更かし観て117にかけたら回線パンクしてたw」「117かけたけど繋がらん」と話題になりました。 番組の影響で回線はパンク? 「月曜から夜ふかし」MCのマツコ・デラックスさん 時事通信 回線は本当にパンクしたのでしょうか? BuzzFeed NewsがNTT東日本とNTT西日本に確認してみると、「システム上、携帯電話からの利用数は把握しておらず。少なくとも固定電話からの利用において繋がりにくくなることはありませんでした」とのこと。 ただ、今回電話した人のほとんどが携帯電話から発信したとみられ、「一般論として、一時的に電話が殺到したのであれば、繋がりにくくなる状態があったと考えられなくもない」とも。 また、時報が一度にどれくらいの利用数に耐えられるかについては、「社内における設備情報のため具体的数値については公表しておりませんが、コール量に十分耐えることができる体制を整えております」と回答を控えました。 62年前の「時の記念日」に誕生 そもそも時報は「手軽に、スピーディーに、正確な時間が確認できる」サービスとして、1955年6月10日の「時の記念日」に誕生しました。 当初の「1日の利用回数は1万回程度だろう」という予測を大幅に上回り、初日だけで約5万3千回もの電話が殺到。その後も利用は増え続け、交換機を扇風機などで冷やしながらサービスを続けていた時期もあったそうです。 「時の記念日」は、西暦671年に天智天皇が日本で初めて水時計を建造した日が6月10日だったという故事に由来している。写真は1969年に国立科学博物館屋上設置された日本初の分単位まで計れる精密な日時計。 時事通信 では、近年の利用者数は? いまや“ひと昔前の常識”と言われるようになった時報ですが、NTT東日本広報室によると、2016年度には計663万回の利用があったそう。 「あれ? 意外と使ってる人いる?」と思いきや、2007年度は計3523万回。10年間で約5分の1に減少しました。 2007〜2016年度における時報利用回数の変遷(単位は万) NTT東日本 現在はどういう人が、どんな場面で利用しているのでしょうか? 広報室担当者によると、「実際に調査をしているわけではないので、正確な利用者層や利用方法は把握していませんが、イルミネーションの点灯や年越しのカウントダウンなどで、利用されることはあるそうです」とのこと。 「もちろんスマホでも秒単位で時間を確認する術はもちろんあるんでしょうけど、こういうシーンで、昔ながらの時報が生きる道があるかもしれないですね」と話しました。 【関連記事】昭和生まれにしかわからない? 困ったときに役立つ「電話の3桁番号」クイズ いらすとや via irasutoya.com Source link